COLUMN

MANUKA HONEY

最近よく名前を聞く「マヌカハニー」。
雑誌などでも取り上げられ、
美容や健康に良い食材として人気になっています。

ですが実際どんなものなのか
疑問に思っている方もいらっしゃるかと思うので
マヌカハニーの特徴と魅力を
皆様にお伝えできればと考えております。

マヌカはニュージーランドに生息する
フトモモ科の常緑低木です。

フトモモ科の植物とは
日本ではあまり馴染みのない名前ではありますが
東南アジアからオセアニアにかけて生息する
様々な薬効がある植物です。

アロマテラピーの世界でも、
フトモモ科のティーツリーから採れるオイルは
強力は抗感染作用があるため
皮膚トラブルを解消するために活用されています。

マヌカの木も多くの薬用効果を持っており
ニュージーランドにくらす
先住民族マオリ族の人たちは
1000年以上も昔から
その木を利用してきました。

マヌカの葉や樹皮は
お茶のように煮詰めた飲み物は
風邪や下痢止めなどの
万能薬として利用されてきました。

そんな薬効の多い
マヌカの花から集められる蜂蜜にも
他の蜂蜜にはない
殺菌・消毒成分が含まれています。

マヌカハニーには、
驚くほどの殺菌・消毒成分が含まれています。

もともとは家畜用として
マヌカハニーは採集されていましたが、
それを食べて育った牛たちは
健康状態がよいことが注目され、
様々な研究がなされるようになりました。

その結果、
マヌカハニーの持つ強力な
殺菌・消毒成分が明らかになったのです。

マヌカハニーの持つ殺菌成分は
感染症予防につながります。

多くの殺菌成分は
体内に入ると酵素によって分解され
その効果を失うものが多いです、

しかしながら、マヌカハニーがもつ
メチルグリオキサールは
体内に入ってのその効果を失わず、
体内の病原菌や悪玉菌の
抑制や除去が期待されています。

また、傷口そのものへの
抗菌・殺菌効果も期待できることから、
虫歯や歯周病等の口腔内トラブルを
防ぐとも言われています。

口内炎に蜂蜜を塗ると
痛みが和らぐと言われていますが、
マヌカハニーでは
炎症を抑えるだけでなく、
口内炎や虫歯そのものを
治す効果も期待できると考えられています。

マヌカハニーは
ニュージーランドの原生林が生み出した
自然の宝物です。

近年ではその特別な成分から
世界中で珍重され需要が急増しておりますが、
その本来の品質を保っているものは
少ないのが現状です。

フォンテーヌ・ブローで
取り扱っているマヌカハニーは、
ニュージーランドUMF®蜂蜜協会の
認証を取得した
品質の保証されたもののみを
使用しております。

まず、マヌカハニーの品質は
ミツバチたちが集めてくる蜜の純度が
最も重要となります。

他の花の蜜が混じらないように、
一般の人々が立ち入ることができない
マヌカ原生林の中でも
その中心部で採集を行っております。
ハニードロップレットは
その純度の高いマヌカハニーを使用し、
特許取得の技術で天然成分を編成させず
そのまま製品へと仕上げております。

また、南半球にある
ニュージーランドから日本へ輸送する場合、
普通のコンテナで輸送では赤道直下を
長時間かけて航行することになります。

これは熱劣化を引き起こし、
酸化して黒っぽくなったり、
成分が分解してしまう恐れがあります。

それを防ぐために、
温度管理のもと空輸で日本への運んでおります。

そして、マヌカの原生林を守り育てる
ニュージーランド先住民マオリ族の方々への
感謝を伝えるために、
こちらの商品はフェアトレードを推進しております。